● Item title ●

Windows 7 Professional 32bit 用 インストールディスク(DVD)1枚 500円 定形外郵便発送

● Description of item

商品説明
Windows 7 Professional 32bit インストールディスク(DVD1 500 定形外郵便発送です。即落札できる商品です。
お手持ちの接続機器(プリンター等々の各種デバイス)Win 7でなければ起動しないという場合に役に立ちます。
Win Vista パソコン・XPパソコンをWin 7にアップできます。
Win Vista XPの状態ではインターネットは制限を受けますのでWin 7にすることによってインターネットができます。
インターネットエクスプローラー(I E)Win 10同様に「11」にすることができますので制限を受けることはありません。
押し入れ等で眠っているパソコンをこのインストールディスクで蘇らせてください。
 
VistaXPパソコンからWin 7にアップ方法について
お手持ちのVistaXPパソコンをWin 7 Pro にアップしたいという方もいらっしゃると思います。それはこのインストールディスクでアップできます。
アップするには二つの方法があります。
 
アップその1(VistaXPパソコンで使っていた状態からのインストール)
パソコンが正常であることが大前提になるわけですが、ファイル等の入っているVistaXPパソコンのCD / DVDドライブにインストールディスクを挿入します。その後PC画面を出し「D」ドライブを一度クリックします。そうしますと沢山の項目が出てきますが、そこに「set up」という項目があります。これをクリックすることでWindows 7 Professional 32bit がインストールされます。
インストールは上書きして入りますのでVistaXPに入っていたデーターは塗りつぶされてしまいます。データーは引き継ぐことはできませんので大事なデーターは予めUSBメモリ・DVDSDカード等の記憶媒体に取り込んで置き、インストール終了後にそのデーターを入れるという運びになります。
VistaXPのプロダクトキーはWin 7には使われませんので予め新たなプロダクトキーが必要となります。プロダクトキーには「Home」と「Pro」の種類がありますのでキーはこの種の場合「Pro」を購入してください。
インストール終了後インターネットに繋ぎ用意したプロダクトキーで認証させてパソコンライフを楽しんでください。
プロダクトキーを認証させないままインターネットを繋ぐことは可能です。繋いで1日~2日経過しますと「プロダクトキーを認証してください」というメッセージが画面に出てまいります。それでも認証させないまま使っておりますと黒い画面になり「Windowsは正規品ではありません。」と表示されます。インターネットを繋いで30日を過ぎますと、ついにはインターネットもできなくなりますので早めに認証を受けてください。認証する画面は「コンピューターの基本的な情報の表示」にもあります。
この画面を出す簡単な方法はPC画面を出します。白いところを右クリックしますと出ます。
インストールで注意すべきは「ファイルを展開する画面」が出てきます。ファイルの展開の進捗はパーセンテージで現れますが、それが100%に至らず停止することがあります。この場合はHDD(SSD)の疲弊が疑われます。交換することで改善されます。
これが終わりますと再起動がかかり、再び次の画面と進んでいきます。
その後の画面では
「このPCを使うのは誰ですか」と画面で聞いてきます。ここでは必ず名前を入れなければ先に進めません。とりあえずは仮の名前でも入れてください。
次に「確実に覚えやすいパスワードを入れるように」という画面があります。ここは入れても入れなくても「次へ」をクリックしますと先に進みます。
以上が注意すべき点です。
インストールは20分ほどで終わります。
 
アップその2(VistaXPパソコンのHDDを空っぽにしてのインストール)
クリーンインストールによる方法です。
VistaXPに入っている大事なデーターは前記様に記憶媒体に取り込んだ後、HDD(SSD)を空っぽしてインストールするという方法です。
HDD等を空っぽにする方法はさまざまあるようですが、接続器具(アダプタ)を使えば簡単にデーターを削除できます。
ここではその説明は省略します。(ネットでお調べください。)
HDD(SSD)を空っぽにした状態でインストールする場合について説明します。
 注釈・・・XPパソコンとSSDは互換性ありません。XPパソコンはHDDのみ対応
パソコンに電源を入れます。この時パソコンは黒い画面に英文字が出ています。
CD/DVDドライブのトレーを外に出してください。インストールディスクを入れ収納してください。
収納を終えた後ドライブでは読み込んでいる音がしますが、ここで一旦パソコンの電源を強制切断します。
(強制切断は電源ボタンを長押しして電源を切ることを言います。)
電源を切りましたら再び電源を入れます。そうしますと画面下部に白線が出てまいります。これはインストールディスクの読み込みの始まりで、ローディングと言います。
これが終わりますと次から次へと画面が出てきますので「次へ」のボタン等をクリックして進めるとインストールが完了します。
インストールディスクを読み取れない場合はBIOS画面を標準に再設定すれば読み取れる場合があります。
その方法について説明します。
パソコンに電源を入れます。メーカーのロゴが出ます。この時直ちにキーボードのF2を連打します。画面はBIOS画面になり
ます。続いてキーボードのF9 押します。画面に「Yes」「No」が出ます。キーボードの矢印キーで「Yes」を選択します。
続いて「F10」を押します。「Yes」「No」が出ます。「Yes」を選択しますと再起動がかかりBIOSは標準設定に戻ります。
それからインストールディスクを読み込ませると読み込みが始まることもあります。

再度点検と点検状況写真の送信
発送時には商品のインストールディスク(DVD)に問題がないかどうか、再度確認してから発送いたします。
再確認の際はその状況を写真撮影いたします。確かな商品であることを落札者様にご確認を頂くために撮影するものです。
その写真はダウンロードして確認していただきますが、
ダウンロードの方法につきましては取引メッセージから詳細に記し送ります。
原則として投函前までに送ります。写真の枚数は30枚ほど。
写真撮影にあたっては月日と落札者様のお名前を入れたカード、それに注意すべきところには参考になるかどうか分りませんが特記事項を書いた印刷物やメモ紙を入れて撮影します。
 
返品等について
落札者様にインストール状況の写真を送っておりますので返品・返金・クレームはお受けできません。
送付の際の包みは専用のビニール袋に入れ衝撃緩衝材に包みます。
 
送付方法
定形外郵便 120
 
参考事項
このファイルはマイクロソフト社から無料で配信されていた頃(2011)ダウンロードしたものです。
当時 Win XPWin Vista が主流でしたが、マイクロソフト社ではWin 7に移行させるため躍起でした。それでWin 7のファイルを
無料提供したのです。それをダウンロードし今日まで保存しておりました。いかがわしいファイルではありませんことをお伝えいたします。
当地の郵便回収は一日3回で午前1030分 午後1 午後330分です。
 
 
インストール後、更新プログラムを入れようとするとエラーが表示されることについて
Win 7のインストールは誰でもできますが、インストール終了後の更新プログラムをクリックすると必ずエラー表示され更新プログラムが入らないという現象が起きます。
これを解消するための方術はご承知のこととは思いますが、もしその方術が見つからないという方は、
当方の出品リストを見ていただとこのエラーを解消できる商品を置いております。
商品のタイトルは
Windows 7インストール終了後に発生する更新エラーを事前に防ぐ資料の提供 ファイル送信のため送料無料
です。これを落札していただければエラーを解消し更新プログラムが入ります。
更新プログラムにはインターネットエクスプローラーバージョン「11」が入りますのでインターネットができるようになります。インターネットが出来ればライセンスキーも認証されることになります。
商品の内容をご欄頂ければ幸いです。


(2022年 6月 17日 20時 22分 追加)
インターネットエクスプローラー(I E)e」は「615日でサポートを終わる」とマイクロソフト社で発表しておりましたが、616日以降も配信されておることを確認しております。
Win 7パソコンの更新プログラムを入れ、I E(11)に設定すればこれまで同様にインターネット可能です。
Win 7の愛好者が多くいるため、即配信停止はできないようです。


(2022年 6月 28日 23時 18分 追加)
アップその2(Vista・XPパソコンのHDDを空っぽにしてのインストール)
の項目で追加
HDD等を空っぽにしてのインストール方法は「説明書きを付した写真」を取引メッセージから送ります。
それを見て参考にしてください。